処女塚古墳|お前の心は穢れてないか!~神戸市灘区~

処女塚古墳|お前の心は穢れてないか!~神戸市灘区~

はい、今回は兵庫県神戸市にある「処女塚古墳」を紹介します。ところであなたは、この名前をなんと読みましたか?「しょじょづか」と読んだ人は心が穢れています。いや、穢れきっています。だいぶ反省してください。

この古墳は「処女塚」と書いて「おとめづか」と読みます。この漢字にこの読み方をあてた人は、心が病んでいたのか、大昔はそう読んだのかどちらかでしょう。

そんな訳で、こ心が穢れていない人だけこの先をお読でください。

実は兵庫県が日本で一番古墳が多い

突然ですが、日本で一番古墳の多い県を存じでしょうか?実は「兵庫県」なんです。

昔、古墳イベントで史跡関係の先生が「古墳の一番多い県はどこかクイズ」を出してきたことがありました。誰も答えられないと思ったのでしょうが、私があっさり答えて、少し困らせた微笑ましい事がありました。

ただその先生、「じゃあ2位は!!」と再質問してきて、分からず悔しい思いをしたのも微笑ましい思い出です。ちなみに2位は鳥取県でした。いや分らんて・・・

そんな訳で、とりあえず全国で古墳の多い県ベスト5を置いておきます。冷え切った夫婦間で、会話を取り戻したいときのネタにご利用ください。

順位県名古墳数
1位兵庫県18707
2位鳥取県13505
3位京都府13103
4位千葉県12772
5位岡山県11880
令和3年度:周知の埋蔵文化財包蔵地数(文化庁)より

菟原処女の伝説

処女塚古墳の名は「菟原処女の伝説」が由来します。かつてこの地には「菟原処女(うないおとめ)」という可憐な娘がいて、それはもう男たちからモッテモテだったそうです。その中でも「菟原壮士(うないおとこ)」「茅渟壮士(ちぬおとこ)」が、娘を巡って激しく対立。

菟原処女伝説想像図

この二人の対立に心を痛めた菟原処女は、自害。さらに菟原処女が自害したことを知った二人の男も、後を追って自害してしまいます。

その後、親族たちは長く語り継ぐため娘の墓を中央に、男の墓を両側に作ったとのこと。いや、3人とも簡単に死に過ぎやて・・・

この話をもとに、処女塚古墳が菟原処女の墓と伝わっています。ちなみに処女塚古墳の西には「西求女塚古墳」、東には「東求塚古墳」があり、それぞれが男の墓と伝わっています。

私はロマンチック度ゼロなんで、狂気な話に思いますが、この話は奈良時代から和歌にも歌われているそうです。みんなロマンチック過ぎ。

ちなみに、この話は後世の人が考えたもので、実際は地元豪族の墓と考えられています。

処女塚古墳に行ってみました

昔から観光名所だったようで、古墳手前には処女塚古墳の道標が残されています。この石碑には「菟原遠とめ塚」と彫られていますが、処女塚と書くのが恥ずかしいので「菟原遠とめ塚」としたのかどうかは分かりません。

処女塚古墳

こちらが処女塚古墳。周囲を擁壁でガッチガチに固められており、古墳なのかよくわかりません。これを一目見て古墳と分かる人はエスパーですね。

処女塚古墳

処女塚古墳は、4世紀前半に築造された全長70mの前方後方墳。発掘調査は行われていませんが、埋葬施設は竪穴式石室と考えられています。

処女塚古墳

過去の調査から多数の三角縁神獣鏡が出土しています。銅鏡が出土し前方後円墳であることから、被葬者はヤマト王権とつながりの深い豪族の墓だったようです。

現在は公園として整備されており、階段も設置され上まで登ることができます。登っても特になにもないんですが・・・

処女塚古墳

こちらが前方部になりますが、特に何もありません。

処女塚古墳

こちらが後方部になりますが、全力で何もありません。公園なのでベンチぐらいあってもよさそうですが、清々しいほど何もありません。

処女塚古墳
処女塚古墳

古墳の東側に回ってみると、2つの石碑が置かれています。

処女塚古墳

右の石碑は、武将「小山田高家」の碑で、由来は南北朝時代時代にさかのぼります。湊川の戦いで敗れた新田義貞がこの地へ逃れたものの、馬を失ったため乙女塚で防戦していました。

窮状を見た小山田高家は、自らの馬を新田義貞に与え救出。小山田高家は乙女塚にとどまり時間を稼ぎ、討ち死にしたといわれています。この石碑は、小山田高家の武勇を讃え1846年に建てられたものとのこと。

左側が奈良時代の歌人「田辺福麻呂」の歌碑。田辺福麻呂が旅の途中に処女塚古墳に寄った際「菟原処女の伝説」に感動して詠んだ歌が刻まれています。

古への信太壮士の妻問ひし
菟原娘子の奥城ぞこれ

とりあえず、田辺福麻呂がデマを広めたロマンチッカーの一人と分かったので帰ることにしました。

まとめ

処女塚古墳

今回は、心の穢れを実感できる「処女塚古墳」を紹介しました。何もないと見せかけて、本当に何もない古墳でした。

この何も無さにに興奮しだしたら末期状態なので、ぜひその興奮を体感してもらいたいところです。次回、気が向いたら西求塚古墳と東求塚古墳を紹介したいと思います。

処女塚古墳詳細

古墳名処女塚古墳
住所〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町2丁目8−3
築造時期4世紀前半
墳形前方後方墳
全長70m
高さ不明
埋葬施設竪穴式石室(推定)
被葬者不明
参考資料案内板

案内板

この処女塚古墳は、東灘区住吉宮町1丁目の東求女塚古墳および灘区都通3丁目の西求女塚古墳とともに、古く万葉の昔からひとびとに知られた有名な古墳であります。大正11年に国の史跡指定を受けましたが、すでに墳丘の一部は道路で削られていました。
処女塚古墳の整備事業は国の補助を受けて、昭和54年度から墳丘の整備をはじめ、昭和59年度に完成しました。
整備に伴う調査の結果、南向きの前方後方墳で、もとの大きさは、全長70メートル、後方部の幅39メートル、高さ17メートル、前方部の幅32メートル、高さ14メートルあり、後方部を三段築成、前方部を二段築成にしていたことがわかりました。
また、墳丘の斜面には石を葺いていましたが、円筒埴輪はたててなく、数個体分の壺形土器が見つかりました。濠の状態については明らかにすることができませんでした。古墳を造った年代は、出土した壺形土器などによって、4世紀と考えることができます。
昭和59年11月 神戸市教育委員会