女郎塚古墳|中学校内にある謎の盛り土〜大阪府岸和田市〜

はい、今回は大阪府岸和田市にある「女郎塚古墳(じょろうづかこふん)」を紹介します。ここ久米田には貝吹山古墳を中心とした「久米田古墳群」が特に知られています。女郎塚古墳は、その久米田古墳群を構成する1基として中学校内に保存されています

中学校内に保存された古墳と聞いたからには見に行かずにはいられません。そんな訳で、大阪府岸和田市にある「女郎塚古墳」へ行ってきました。

女郎塚古墳は中学校の中にある

人生で初めて久米田の地に降り立ちましたが、古墳好きでなければやってくることもなかったでしょう。もう、全ての古墳に感謝です。駅からブラブラ歩いていると左側に鳥居が存在しますが、ここにあるのは鳥居だけ。本体の積川神社(つがわじんじゃ)は、5キロも離れた場所にあります。

なんでこんなことになっているかというと、積川神社の氏子の範囲がとても広いので、遠方の氏子のために遥拝所を置いたためだとか。ちなみに積川神社は、927年に編纂された延喜式神名帳に記載されている式内社。つまり1000年以上昔に建てられた由緒ある神社です。

鳥居から南東に5分ほど歩くと、女郎塚古墳が存在します。この女郎塚古墳は、中学校の中という古墳ファン泣かせな場所にあります。アラフォーのオッサンがスマホをかざしながら校内で撮影してると完全に不審者なので、門の外から撮影しました。うん、門の外から土の塊を激写してるオッサンも十分不審者ですね。

女郎塚古墳

女郎塚古墳は、5世紀前半に築造されたと考えられています。直径約28mの円墳で、周濠を有していました。もともとは墳丘に円筒埴輪が並べられていたとのこと。いいですね、円筒埴輪。

5世紀前半の築造ということで、ちょうど百舌鳥・古市古墳群が築造された時期と重なります。久米田古墳群の盟主的古墳「貝吹山古墳」が前方後円墳であることから、ヤマト王権とつながりのある地元豪族の墓と考えられます。

女郎塚古墳

現在の女郎塚古墳は、元が何だったのかわからない状態で、どこがどうなってるのかサッパリわかりません。おそらくここの学生も、この土の塊りが古墳とは思ってないでしょう。なんせ看板もありません。

あと謎なのが「女郎塚古墳」というネーミング。女郎というのは「売春婦」の別称らしいです。もしかしてこの辺りには遊郭でもあったのでしょうか・・・昭和初期頃まではもう少し墳丘の高さもあったようですが、現在はだいぶ削られているようです。まあ、学校内にあれば普通に削られていきますよね・・・

まとめ

女郎塚古墳

今回は、大阪府岸和田市にある「女郎塚古墳」を紹介しました。中学校内にあるため、遠くからしか見ることが出来ませんが、古墳といわれれば古墳の感じがする古墳でした。だから何だといわれても困りますが。

そんな訳で、女郎塚古墳の紹介はこの辺で。次回はまた別の、中学校内にある古墳を紹介します。

女郎塚古墳詳細

古墳名女郎塚古墳
住所大阪府岸和田市池尻町
(久米田中学校内)
築造時期5世紀前半
墳形円墳
直径28m
高さ不明
埋葬施設不明
被葬者不明
指定文化財岸和田市の史跡:1956年8月
参考資料岸和田市史

-古墳, 大阪府
-, ,

© 2024 コフンノート Powered by AFFINGER5