平林古墳|桜とバリュー投資と私

平林古墳|桜とバリュー投資と私

はい今回は、奈良県葛城市にある「平林古墳」を紹介します。バリュー投資と聞いて真っ先に思い浮かぶものはなんですか?もちろん「花見」ですよね。ここ平林古墳は、古墳にもかかわらず桜の名所として地元では有名な場所なんです。

真のバリュー投資家としては、桜が綺麗な古墳は絶対押さえておきたいですね。ちなみに訪問したのは2年ぐらい前ですが、気にしないでください。そんな訳で、今回は奈良県葛城市にある「平林古墳」を紹介します。

平林古墳は葛城地方最後の前方後円墳

平林古墳は、6世紀後半に築造されたとされる前方後円墳。全長62m、高さ8.8mの規模を有し、葺石と空堀の存在が確認されています。

平林古墳

埋葬施設は、花崗岩を用いた「横穴式石室」。盗掘され石棺は失われていますが、銅鏡、農機具、馬具、武器、土器などの副葬品が見つかっています。

平林古墳

6世紀後半になると、古墳の規模は天皇陵をはじめ縮小傾向にありました。地方豪族の墓も同様に小型化。その中で平林古墳は、葛城地方で最後に築造された前方後円墳と考えられています。

もともと葛城地方は、竹内宿禰を祖とする「葛城氏」が本拠地とする地域でした。葛城氏は、大王家に幾人もの妃を送る有力豪族で、ヤマト王権おいて強い権力を有していました。仁徳天皇の妃も葛城氏出身の人物で、外戚として強い発言権を有していたようです。

しかし5世紀の中頃、葛城氏は皇位継承問題に巻き込まれて、雄略天皇により粛清。以降、葛城氏は大きく衰退してしまいます。

雄略天皇
葛城一言主神社にある「雄略天皇像」

代わりに葛城地方で台頭したのが、葛城氏と同じく竹内宿禰を祖とする「蘇我氏」です。葛城氏の没落により、蘇我氏がその地盤を引き継いだと思われます。

平林古墳が築造されたのは、葛城氏が衰退後の蘇我氏全盛期になります。平林古墳は前方後円墳であることから、ヤマト王権と強いつながりを持つ豪族が被葬者と考えられます。そうした意味で平林古墳の被葬者は、蘇我氏なのか、葛城氏の生き残りなのか、地元の有力な豪族なのか興味深いところです。

花見と称して平林古墳へ

はい、奈良県葛城市にきております。今回、家族には「奈良に桜が綺麗なところがあるので見に行こう」としか伝えておりません。桜が綺麗なところが偶然古墳だったという設定です。完璧ですね。

平林古墳には駐車スペースが無いので、近くにある「道の駅かつらぎ」に停めます。道の駅かつらぎは、常に混み合う人気道の駅なんですが、変なケーキが売っていたりしてなかなかチャレンジャーです。何を思ったらこのケーキの発想になるのでしょうか。

道の駅から平林古墳までは、徒歩15分ほどの距離。途中移設された石棺や神社に寄りながら向かいますが、家族はどこに連行されるのかと若干不安気味。まだまだ修行が足りませんね。

棚機神社
棚機神社

そんなこんなで平林古墳に到着。桜のシーズンということで、墳丘で花見をしているグループがいくつか見受けられました。この平林古墳は普通に登ることができるので、花見場所には悪くありません。

平林古墳

桜の名所というだけあって、墳丘にも道沿いにも桜が咲き誇っています。古墳の隣が墓地になっているのが少々あれですが、ロケーションはなかなかいい感じです。

平林古墳

後円部には横穴式石室が整備して保存されています。円墳で横穴式石室が保存されているところは結構あるんですが、前方後円墳で保存されているのは珍しいですね。整備保存された石室も見れて楽しいのですが、家族は1mmも楽しそうではありませんでした。不思議です。

平林古墳

前方部にはすでに数グループが陣取っていたので、後円部でお弁当でも食べようかと家族に提案すると「石室の上でお弁当は無理!」と反対意見が。おかしいですね、私は何の違和感もありませんが…

仕方なく墳丘のすそ野でお弁当を食べ、その後に墳丘に登ってみます。古墳の多くはだいたい草木で荒れ放題なんですが、平林古墳はきれいに整備されているので歩きやすいですね。

平林古墳

こちらが後円部の墳頂。すこし木が邪魔ですが、葛城市が一望できるなかなかの景色。

平林古墳

被葬者もなかなかのロケーションを選んんだものです。まあ作らされる側からすれば、こんなところまでデカい石を運べといわれたらブチギレますが。

この先が前方部。花見客の近くで激写していると不信人物なので、行くのはやめました。

平林古墳

あらゆる角度から古墳を激写していましたが、子供たちが秒で飽きてきたので帰ることにしました。

まとめ

平林古墳

今回は、奈良県葛城市にある「平林古墳」を紹介しました。家族には、桜でなんとか古墳オーラを消そうと試みましたが、まったく消すことは叶いませんでした。家族で花見に行く時は、トラブル回避のためにも古墳がない場所をお勧めします。

それではまた、別の花見古墳を紹介したいと思います。

平林古墳詳細

古墳名平林古墳
住所〒639-2154 奈良県葛城市兵家1373−2
墳形前方後円墳
全長62m
高さ8.8m
築造時期6世紀後半
埋葬施設横穴式石室
被葬者不明