菰山塚古墳|人類よ!これが世界文化遺産だ!~大阪府堺市~

菰山塚古墳|人類よ!これが世界文化遺産だ!~大阪府堺市~

はい、今回は大阪府堺市にある「菰山塚古墳(こもやまづかこふん)」を紹介します。

2019年7月に百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に指定されました。近年は、その世界文化遺産を見るため、仁徳天皇陵へ見学に訪れる人が増えているそうです。

甘ったれるな!!!

百舌鳥・古市古墳群は、百舌鳥古墳群と古市古墳群の二つの古墳群の総称で、百舌古墳群だけでも19基の古墳登録されています。仁徳天皇陵はその一つに過ぎず、他の多くの古墳がスルーされています。

仁徳天皇陵ばかり注目され、他の古墳に光が当たっていないこの状況を打破すべく、仁徳天皇陵以外の古墳を紹介したいと思います。

第一回は、仁徳天皇陵の西側に位置する「菰山塚古墳」です。

菰山塚古墳とは

菰山塚古墳は、5世紀中頃に築造された帆立貝形古墳。帆立貝形古墳とは前方後円墳の一種で、前方部が極端に小さくなったもの。

現在の規模は、全長33m、高さ4mで、墳丘は2段で構成。円筒埴輪と動物埴輪の一部が出土しています。

仁徳天皇陵のすぐ西に位置しており、仁徳天皇陵の「陪塚(陪塚)」の一つと考えられています。

菰山塚古墳

陪塚とは、天皇陵のような主墳に属する「附属墳」とも呼ばれ、主墳の被葬者と関係の深い人物の墓と考えられています。

陪塚は5世紀初めから増え始め、5世紀末を境に減少していきます。古市古墳群の一つ「津堂城山古墳」は百舌鳥・古市古墳群で最初に築造された古墳ですが、陪塚は見つかっていません。

津堂城山古墳
古市古墳群の一つ「津堂城山古墳」

5世紀に入ると、天皇陵における陪塚は増え続け、応神天皇陵、仁徳天皇陵でピークに達します。その後は減少を続け、5世紀末に築造された安閑天皇陵にはあまり陪塚が築かれていません。

古墳は5世紀中頃をピークに縮小しており、権力の象徴としての古墳の位置付けが、変化してきたことを現しているようです。

現在の菰山塚古墳は、宮内庁により「仁徳天皇陵陪塚ほ号飛地」に指定されているため、中に入ることはできません。その為調査が行われておらず、詳しいことはわかっていません.

住宅地に鎮座する古墳

はい、菰山塚古墳がある大阪府堺市にきております。もちろん菰山塚古墳を見るだけに来たわけではなく、百舌鳥古墳群をまとめて回っています。

この日は10基以上の古墳を見るため、ママチャリで激走して吐きそうになりました。アラフォーがママチャリで古墳を10基以上見たら吐きそうになるということを、学ぶことができました。日々成長ですね。

この日は気温が30度近くあり、生命の危機を感じながらも菰山塚古墳に到着。ここは、百舌鳥古墳群の中心部である大仙公園から少し離れているためか、観光客は一人もいませんでした。まあ大仙公園にも、古墳だけを見にきている人はほとんど見かけませんでしたが…

菰山塚古墳は、住宅地の中にひっそりと存在しています。もともと帆立貝形古墳ということですが、現在はまったくその面影を残していません。

菰山塚古墳

住宅地の古墳はだいたい大きく削られているので、まだマシな方でしょう。むしろ、よく残っていたなという感じです。

古墳の東側と南側は住宅地になって行くことができません。墳丘上には1本の細長い松と茂った木、何が書いてあるのかよくわからない石碑、そして案内板が置かれています。なかなかシュールでいい感じ。

菰山塚古墳

最近は古墳時代末期の古墳ばかり見ていたので、新鮮な気持ちです。何が新鮮なのかはよくわからないですが。

こちらが、西側から見た全景。とりあえず、松と茂った木しか見えません。どうしようもなく松と木が丘の上に生えているだけでした。

菰山塚古墳

よく見ると階段が設置されていましたが、もちろん中に入ることはできません。宮内庁の方が古墳を整備するときに使用しているのでしょう。

菰山塚古墳

そんな、松と木が生えた丘をひたすら激写していたら、近所のおばちゃんが「えっ!このただの丘みたいなの、そんなに凄いところなの?」という顔をして、改めて案内板を読みだしました。

大丈夫です、オバチャンの認識は大体合ってます。

まとめ

菰山塚古墳

今回は、大阪府堺市にある「菰山塚古墳」を紹介しました。人類が誇る世界文化遺産の凄さを感じていただけたでしょうか?ぜひ皆さんも菰山塚古墳を訪れて「丘の上に木が2本ありますね」と呟いてください。

それではまた、 別の丘の上に木が2本ある世界文化遺産古墳で会いましょう。

菰山塚古墳詳細

古墳名菰山塚古墳
住所〒590-0036 大阪府堺市堺区南丸保園2−4
墳形帆立貝形古墳
全長33m
高さ4m
築造時期5世紀中頃
埋葬施設不明
被葬者不明
参考資料案内板

案内板

菰山塚古墳は短い前方部を南に向けた、帆立貝形の前方後円墳と考えられています。江戸時代(1730年)の絵図には周濠が一部残る、帆立貝形前方後円墳のような菰山塚古墳の姿が描かれています。仁徳天皇陵の周りには10数基の小さな古墳が築かれており、この古墳も仁徳天皇陵古墳と関わりのある古墳(陪塚)の一つと考えられます。
埋葬施設や副葬品についてはよくわかっていません。墳丘は2段に築かれていたと考えられており、円筒埴輪や動物埴輪の一部が見つかっています。
陪塚(ばいちょう):大型古墳の周囲に築かれた中小の古墳