平尾山第67支群2号墳|茂みとバリュー投資家の相性は抜群!

平尾山第67支群2号墳|茂みとバリュー投資家の相性は抜群!

はい、今回は大阪府柏原市にある「平尾山第67支群2号墳」を紹介します。平尾山古墳群は、1400基もの古墳で構成される大古墳群として知られています。

1400基の古墳とか、ありすぎて意味が分かりません。作りすぎで周りきれないし、後世の古墳好きバリュー投資家のことも少しは考慮していただきたい。

ちなみに平尾山という名前から分かるように、どの古墳も山の中にあり、行くのがかなり大変です。

その中でも平尾山第67支群2号墳はイージーレベルの場所にあるようなので、バリュー投資家の威信をかけて調査に向かいました。

山の中にあるけど道が分からない

平尾山古墳群は大きく8つの支群に分かれており、今回訪問する「平尾山第67支群2号墳」は、その中でも規模の大きい「平尾山支群」に属しています。

Google Mapには、全国の古墳ファンが古墳登録作業を行った事により、かなりの古墳が網羅されています。しかし平尾山古墳群は多すぎるのか、ほぼ空白地帯となっています。

平尾山第67支群2号墳

そんな中、平尾山第67支群2号墳は珍しくピンポイントで登録されており、後進のバリュー投資家たちのためにも調査に向かわねばと決意した次第です。

ただ一つ問題が。GoogleMapには山の中にポツンとマークされているだけで、ルートが全く分かりません。古墳の南側に近くまで道が来ているようですが、道の先は崖になっていて進めません。

あれこれ調べて、登山道の入口を発見しましたが、どんな道なのか全く不明。GoogleMapを見つめていても仕方ないので、とりあえず行ってみることに。

こういう不用心で適当な人間が、山で遭難するんですよね。困ったものです。

まあまあの茂みで少し引く

平尾山第67支群2号墳の入口近くには、柏原市立歴史資料館があるので、情報がないか事前チェック。しかし手がかりゼロなので、あきらめて古墳に向かいます。マイナーな山道を、単独で出たとこ勝負とか怖すぎなんですけど。

資料館から5分ほどで、登山道の入口付近に到着。一応、ハイキングコースの矢印の看板がありましたが、全くハイキングコース感はありません。

平尾山第67支群2号墳

しかも、大量の笹の枯れ葉。米軍が枯れ葉剤でもバラまいたのかという量です。

平尾山第67支群2号墳

そしてこちらが登山道の入口。

平尾山第67支群2号墳

すでに藪やん

人が歩いていないオーラがビンビン漂って、さすがに突撃するのがためらわれます。

いいんですか先に進んで!
本当にこの先に道が続いているんですか!
本当にハイキングコースとして成立してるんですか!

そんな不安が頭をよぎりながらも、ここまで来たら行くしかないという、失敗探検家が言いそうなセリフを胸に突入。

最初の5分ぐらいは、細くて藪だらけの道でしたがしばらく歩いていくと、なんとか道らしい感じになってきました。倒木が所々あるため歩きにくいですが…

平尾山第67支群2号墳
平尾山第67支群2号墳

イノシシが出たらどうしたものかと、不安に駆られながら10分ほど歩いていると、平尾山第67支群2号墳を発見。

平尾山第67支群2号墳

平尾山古墳群は、6世紀後半から7世紀前半にかけて築造された古墳群。平尾山第67支群2号墳の墳型は不明ですが、円墳と思われます。被葬者は不明ですが、おそらく渡来人系の豪族とのこと。

平尾山の南部には、渡来系豪族と関わりの深い「蘇我氏」の本拠地である石川郡もあることから、蘇我氏とのつながりも考えられます。

平尾山古墳群は、小型の古墳が大半ということですが、平尾山第67支群2号墳はかなりデカいです。

平尾山第67支群2号墳

石室を覆う封土が失われて、石室が剥き出しになっているのも迫力。バリュー投資家なら見逃せないポイントですね。

埋葬施設は、おそらく横穴式石室と思われますが横口式石槨かもしれません。横穴式石室と横口式石槨の違いは「ピーターリンチの株に勝つ」にも記載しているので、そちらで調べてください。

平尾山第67支群2号墳

平尾山は標高300mほどの山なんですが、こんなとこまで巨石を運べとかいわれたら、もうブチ切れですね。バフェットならチェリーコークぶち撒けてますよ。

誰もいないので古墳を激写し放題なのはいいんですが、誰も人が通らず寂しいのでダッシュで帰りました。

まとめ

平尾山第67支群2号墳

今回は茂みの先にある「平尾山第67支群2号墳」を紹介しました。今、バリュー投資家に最も求められているのは「茂み力」です。この力を伸ばせるかどうかが、今後のパフォーマンスを大きく左右するのではないでしょうか。

この茂みに興奮しだしたら末期状態なので、ぜひ茂みを体感してもらいたいところです。次回、気が向けば別の茂み古墳を紹介したいと思います。

平尾山第67支群2号墳詳細

古墳名平尾山第67支群2号墳
住所〒582-0015 大阪府柏原市高井田1020−59
築造時期6世紀後半~7世紀前半
直径不明
高さ不明
埋葬施設横穴式石室
被葬者不明