花塚山古墳|扱いが良い方の墓地古墳~大阪市平野区~

花塚山古墳|扱いが良い方の墓地古墳~大阪市平野区~

はい今回は、大阪市平野区にある「花塚山古墳」を紹介します。

以前、古墳の上に共同墓地が築かれた「玉手山2号墳」を紹介しましたが、基本的に墓地と古墳は相性抜群です。

この花塚山古墳も、瓜割墓地に保存された2基のうちの一つ。ただ保存環境には差があり、花塚山古墳は比較的待遇良く保存されていました。

バリュー投資家として、墓地にある古墳と聞いたら見に行かずにはいられません。という訳で、早速どのような保存状態なのか調査に向かいました。

花塚山古墳とは

花塚山古墳は、大阪市平野区にある「瓜破古墳群」に属する古墳の一つ。瓜破古墳群は、開発により多くが消滅しており、現存するのは花塚山古墳とゴマ堂山古墳の2基となっています。

花山塚古墳は、直径約25m、高さ5mの円墳と推定されていますが、方墳である可能性も残されているとのこと。5世紀頃に築造されたとされ、周囲には幅5mほどの周濠があったと考えられています。

発掘調査が行われていないため、埋葬施設は不明。被葬者も不明ですが、この一帯を治めていた有力者の墓と思われます。

花塚山古墳に行ってきました

花塚山古墳のある、大阪市平野区に来ております。平野区といえば、難読名「喜連瓜破(きれうりわり)」の名前でおなじみの場所。花塚山古墳のある地名も「平野区瓜破」です。

瓜破の由来は、7世紀にまで遡ります。西遊記のモデル玄奘三蔵に師事した「道昭」という僧が、この地で天神尊像を手にしたときのこと。道昭が像にちょうど手元にあった瓜を供えたが、割れてしまったことに由来するといわれています。

ちなみに地下鉄の駅を作った場所が、ちょうど喜連地区と瓜破地区の境界に位置したため、両方の名前を取って「喜連瓜破駅」となっただけで、喜連瓜破という地名は存在しません。

そんなわけで、瓜破霊園にやってきました。

瓜破遺跡

この場所には古墳だけではなく、弥生時代の遺構が見つかった「瓜破遺跡」も存在します。この遺跡からは、土器、石器、銅などが見つかっているほか、中国の王莽時代の銅貨が出土したとのこと。

瓜破遺跡

王莽といえば、前漢を滅ぼし「新」を建国した人物ですが、時代錯誤な政策を繰り返したため短命に終わった王朝。そんな国とつながりがあったというのは非常に興味深いところ。ちなみに今は遺跡の痕跡は何もなく、看板だけが残されています。

瓜破墓地はかなり広いのですが、案内板を見ると花塚山古墳がちゃんと記載されていました。花塚山古墳は、墓地北西の一角に存在します。

花塚山古墳
花塚山古墳

花塚山古墳は、周囲を策で囲まれており、墳丘が荒れないように保護されています。

花塚山古墳

柵には墓地の幟がはためいており、なかなかシュールな光景です。

花塚山古墳

近づいてみると、古墳名を刻んだ石碑まで建てられています。案内板まであればパーフェクトですが、発掘調査が行われていないので情報がないのかもしれません。

花塚山古墳

墳丘を見てみると「丘ですね」という感じ。埋葬施設は不明ですが、5世紀前半ならば粘土槨か竪穴式石室というところでしょうか。葺石や埴輪が出土したなどの情報もないのでサッパリわかりません。

花塚山古墳

こちらが南側からの全景。最近360度の角度で古墳を見るのが久しぶりなので素敵です。まあ、どの角度から見ても丘なんですが。

花塚山古墳

ちなみにグーグルマップの口コミ見てみると、昔は柵がなく入りたい放題だったそうです。今は入れないので激写するしかできません。

謎の丘を激写していると、墓地に来た参拝者の視線をヒシヒシ感じるので、墓地に残るもう一つの「ゴマ堂山古墳」へ向かうことにしました。

まとめ

花塚山古墳

今回は、大阪市平野区にある「花塚山古墳」を紹介しました。墓地の一角に保存された古墳でしたが、意外と周囲にとけこんだノーマル古墳でした。

柵の周りにのぼりが立ち並んだ姿は若干シュールではありましたが、これもいい味を出しているのではないでしょうか。

花山古墳は、墓地にある地味な古墳が見たい人にピッタリな場所といえます。まあ、そんな気分になったことがないので分かりませんが。それではまた、別の墓地にある地味古墳でお会いしましょう。

花塚山古墳詳細

古墳名花塚山古墳
住所〒547-0022 大阪府大阪市平野区瓜破東2丁目6−1
墳形円墳又は方墳
全長25m
高さ5m
築造時期5世紀
埋葬施設不明
被葬者不明
参考資料大阪市HP