松島茶臼山古墳|宮内庁が管理する芝生古墳~奈良県大和高田市~

はい、今回は奈良県大和高田市にある「松島茶臼山古墳」を紹介します。

松島茶臼山古墳は宮内庁が管理する古墳のため、中にも入ることができず情報もほとんどありません。墳丘を雑草が覆っているだけの芝生古墳です。

そんな訳で、宮内庁が管理する芝生古墳の「松島茶臼山古墳」に行ってきました。

まあまあの芝生古墳でした

奈良県大和高田市に来ております。松島茶臼山古墳は、大和3大古墳群の一つ「馬見古墳群」に所属。馬見古墳群は「北群」「中央群」「南群」の3ブロックに分かれており、松島茶臼山古墳は、「南群」に属しています。

南群は築山古墳を盟主として、周辺に多数の古墳が点在します。松島茶臼山古墳も築山古墳のすぐ南側に位置することから、関係性があると考えられます。

という訳で、築山古墳へ行ったついでに松島茶臼山古墳へ寄ってみました。

松島茶臼山古墳は、ほぼ360度住宅地に包囲されており、近くで見る場所が限られています。その上、宮内庁により磐園陵墓参考地(築山古墳)の陪塚に治定されているため、中に入ることもできません。

とりあえず一番開けている北西部にやってきましたが、そこには巨大な芝生の丘が横たわっていました。お疲れさまでした。

松島茶臼山古墳

松島茶臼山古墳は、5世紀前半に築造された直径50m、高さ6mの円墳とされています。宮内庁の管理する陪塚は、墳丘が大きく損なわれているものも多いのですが、こちらは比較的良好な姿で残されています。

葺石や円筒埴輪が出土したらしく、古墳の形状から5世紀前半に造られたと推定されています。被葬者は不明ですが、近接する築山古墳の被葬者に近い人物であった可能性があります。

ちなみに古墳名の「茶臼」とは、茶葉を抹茶にするための石臼のことを指します。古墳の形が茶臼に似ていることから名づけれているとのこと。噂によると「茶臼」とつく古墳は全国に200基ほどあるそうですが、数えたことがないので分かりません。

位置を変えてこちらが古墳の北東部。もう少し近くで見てみたいのですが、アパートの駐車場になっているため遠慮しておきました。多分、近くで見ても芝生しか見えないと思います。

松島茶臼山古墳

こちらが古墳の南側。家と家のわずかな隙間から墳丘を確認することができました。だから何だといわれても困るんですが。

松島茶臼山古墳

宮内庁が管理している古墳なので案内板と石碑があるのですが、訪問時は発見できませんでした。後から調べてみると、古墳の西側に細い通路があり、そこにあったようです。

という訳で、謎の芝生に覆われた盛り土を撮影していても仕方ないので帰ることにしました。

まとめ

松島茶臼山古墳

今回は奈良県大和高田市にある「松島茶臼山古墳」を紹介しました。中に入ることができず、特に情報もない芝生古墳ということで、テンションが上がる瞬間が1秒もない素敵な古墳でした。

という訳で、松島茶臼山古墳の紹介はこの辺で。次回は、また別の宮内庁が管理する芝生古墳を紹介したいと思います。

松島茶臼山古墳詳細

古墳名松島茶臼山古墳
宮内庁名磐園陵墓参考地
住所奈良県大和高田市築山759−3
墳形円墳
直径50m
高さ6m
築造時期5世紀前半
被葬者不明
埋葬施設不明
参考資料大和高田市HP

-古墳, 奈良県
-, , ,

© 2024 コフンノート Powered by AFFINGER5